たぶん息子産んで「ママ」になってから窮屈過ぎたのかも。

可愛いものが好きなのに可愛くノートを飾れずにいたのはママになった反動、ストレスだったのかも。

年甲斐もなく…っていうもう1人の私が頭の中でグルグルしてるけど、たぶんこの言葉は「他人の目」客観視してる理性的な自分の言葉。

自分がやりたいように少しずつ変わるにはこの客観視する自分を少しずつ取り込んでいくんだ。

それが抑制を少しづつはずすんだ。

他人の目を100個以上顔に貼り付けてる自分を2つくらいにしてあげなきゃ私がやりたい事をやれない気がする。

これもまた窮屈な話だ。

管理人プロフィール

\【フォローする】/
Twitter Instagram Pinterest Feedly

ひとこと お願いします・ω・